爬虫類・両生類・鳥類・哺乳類などの生体卸専門、飼育機材・餌・各種輸出入・爬虫類・両生類のイベント企画・運営・番組制作協力
爬虫類・両生類のスペシャリスト レップジャパン

レップジャパンタイトル

HOME > World report > ワールドリポート パキスタン

レップジャパン ワールドリポート

パキスタン・イスラム共和国
Islamic Republic of Pakistan

ヒョウモントカゲモドキの故郷

海岸線に近いパキスタン南部の大都市・カラチは気温も湿度も高く、乾燥したイメージは少ない街です。
首都はイスラマバードですが爬虫類の積み出し最前線はカラチです。
カラチから郊外に向かえば乾燥した高地が広がっています。西部乾燥地帯では様々な砂漠性の生物たちを見ることが出来ます。テロや宗教対立等の暗いイメージのパキスタンですが治安が良くなれば楽しいフィールド探索が出来るでしょう。

写真1:パキスタン南部の街カラチは車で30分も走るとご覧のような荒野が広がっています。植物もまばらで生物が生息するには厳しそうですがこのような場所では日中はニシベンガルオオトカゲやアガマ科のトカゲが多くみられます。夜になると人気の高いヒョウモントカゲモドキが出没します。

写真2:齧歯目の動物やハリネズミも生息しています。それらを捕食するために砂の中にはクサリヘビの仲間やスナボア類が潜んでいます。

写真3野生のヒョウモントカゲモドキを捕る際はオイル式のランタンを持って枯れた植物の周囲を探すと比較的見つけやすいです。電池式のライトよりも数倍明るいランタンは必需品です。
夜は毒蛇も多く危険なのでスネークフックを手に持ってヒョウモントカゲモドキを探しているところです。

写真4:夜になると夜露で岩場は湿り気を帯びるのですがヒョウモントカゲモドキは夕方5時位から活動を開始します。この写真は野生状態のヒョウモントカゲモドキを捉えた貴重な写真です。治安が悪く、夜のフィールドで灯りを点しての撮影はテロリストの格好の目標になりうるので大変危険なのです。

写真5:ピグミージェルボアは弊社が初めて日本に紹介した動物の一つですが野生の齧歯類は輸入ができなくなってしまい寂しい限りです。パキスタンはアフガニスタンと共に彼らの故郷です。

レップジャパン バイヤーズリポートパキスタン1写真1
レップジャパン バイヤーズリポートパキスタン2レップジャパン バイヤーズリポートパキスタン3
レップジャパン バイヤーズリポートパキスタン4レップジャパン バイヤーズリポートパキスタン5

クリックすると拡大します。

各国のレポートに移動する |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|

レップジャパントップページ
レップジャパン社長挨拶
レップジャパンの会社概要
レップジャパンのオリジナルアイテム
レップジャパンのオリジナルアイテム
レップジャパンの爬虫類・両生類卸売り部門
レップジャパンが開催するイベント情報
レップジャパンのニュース
レップジャパンの動物・爬虫類プロダクション部門
魚類の卸もレップジャパンにお任せください
レップジャパンのビバリウム施工部門
レップジャパンバイヤーが送るリポート
レップジャパンへのお問合せはこちら

動物取扱業登録 販売 第220106076号
動物取扱業登録 展示 第220106078号
動物取扱業登録 貸出 第220106077号
登録年月日 平成23年12月25日  
有効期間末日 平成33年12月24日 
動物取扱責任者 白輪剛史